防犯トラブルをしっかり解決することができる警備会社

ガードマン

メニュー

防犯性の高い鍵

積み木と鍵

家の中には、家族の大事なものが沢山あります。それを守る為には、防犯対策をしっかり行なうことが重要であります。最近は、セキュリティーがしっかりした鍵も普及してきているので鍵交換して家を守りましょう。

詳細を読む

修理の為に

玩具の家を持つ人

そのドアノブの周辺状態の確認が重要です

ドアノブ交換の仕方はとてもシンプルです。 その壊れた、または模様替えで変えたいドアノブの規格を調べて、専用の販売店の店員や警備会社に聞いて相談しながら同一規格のドアノブを手に入れて、ネジをボルトなどの工具で外していきドアノブ交換をして取り替えるなどの作業だけで済んだりする事もあります。 ですが、修理の際には何か別の問題点が発生していたりする場合には、注意が必要です。 ドアノブとは当然ドアに設置するパーツになります。 そして重要なのは、そのドアがどんな状態であり、どんな破損や修復が必要な状態なのか、を最初に前提として踏まえていく事が肝心であり、重要な部分となっていきます。

ドアの材質次第で修理方法が違います

基本的にどのドアも材質が違えばそれ相応の対処が必要になるケースがあります。 ただ単純にドアノブが壊れただけであるならば、ドアノブを取り替えるだけで問題は無い事もありますが、ここで木材単体制である場合にはシロアリなどの注意が必要になるという事です。 ドアノブを取り替えた際には溝や隙間が出来るケースがあり、そこからシロアリが侵入し、ドアの内部がシロアリの巣となっているパターンもありえます。 こういう場合にはドアノブをただ交換するのではなく、木材製ドアに防虫や殺虫加工の木材着色用薬品を塗りつけるなどの加工が必要です。 そして木製でもですが、金属製や合成樹脂製などの場合において、もしドア自体が大きく破損していた場合には、これはもう専用業者や警備会社に依頼しなくては破損した部分が凶器となり危険な物となります。 何より燃えないゴミで簡単に出せる物でもなくなるので、廃品回収業者にドアの回収を依頼するなども必要になります。 ドアノブ交換と言っても、その状況を踏まえてやり方を変えていかなくてはいつまでも改善されないケースとなりかねないので、注意が必要です。

複製について

メンズ

鍵を作成するときには複製が可能なものと不可能なものをしっかり確認しておきましょう。最近はディンプルキーなど複製が無理だと言われていたものであっても專門業者ならできるようになっています。

詳細を読む

空き巣被害

錠前と鎖

玄関の鍵はピッキングで簡単に開けることができ、慣れている人は数分で解錠することが出来ますが鍵の防犯対策を行なっておくことでピッキング出来ない他、時間がかかり諦めてしまうこともあるため防犯対策は行なっておくと良いでしょう。

詳細を読む